MENU

むずむず脚症候群の原因は?ほとんどが鉄分不足が原因って本当?


むずむず脚症候群というのをご存知でしょうか。近年、意外とこの症状を気にしている人が見られますが、これには食生活も大きく影響しています。
じっとすることが苦痛で、気にしないようにすればするほど脚がむずむずするという人は、こちらをチェックして食生活を見直し、むずむず脚症候群を改善してはいかがでしょうか。
ずっと寝不足や集中力の低下で悩んでいた人も、現在思っている以上に日常生活を快適に遅れるようになります。

 

むずむず脚症候群ってどんな症状があるの?


むずむず脚症候群とは、その名のとおり脚がむずむずして気持ちが落ち着かなかったり、睡眠不足になる症状です。
皮膚ではなく脚の奥の方に違和感を感じ、なかなか寝付けない、何度も目が覚める、ゆっくりくつろぎたいのに歩き回らなければ脚の奥が気持ち悪いなどの状態が続きます。
数日程度ならば問題ありませんが、これが続くと慢性的な寝不足になって日中も倦怠感が続き、仕事でミスをしたり、不安が高じて落ち込んだりします。

長時間じっとしていられない

会議や映画鑑賞の時間、飛行機や電車の中など、長時間じっとしなければならないときには特に脚がむずむずして、いてもたってもいられなくなります。
仕事中や映画鑑賞など脚のむずむずが気になって集中できず、不自然に足を動かしたり歩き回ったりするはめに…
このような状態が慢性的に続きますので、強い痛みや見た目の変化などがないとはいえ、できるだけ早めに改善したい症状です。

睡眠不足にも注意

睡眠不足が長く続くと日中もぼんやりすることが多く、通勤中の事故や仕事の手痛い失敗、大きな判断ミスなどを招きかねません。
また、違和感は一度気になりだすと常に付きまとってきて、徐々に自分の精神を削られていくような感覚になります。
病院で治療を受けることもできますが、自分でできる日常生活の改善ポイントはきちんと守って、良質の睡眠と快適な毎日を送ることができるように努力してみましょう。

 

むずむず脚症候群の原因って何?


むずむず脚症候群はほとんどの場合、脚に違和感を感じるなどの症状がありますが、本当に脚の中に何か問題があるというわけではありません。
なので、適切な治療を受けることで徐々に改善していきます。

 

むずむず脚症候群の主な原因は、遺伝、鉄分不足、葉酸不足、糖尿病や慢性腎不全、パーキンソン病、関節リウマチなどの病気によるものです。
まだ詳しくは解明されていないものの、これらの原因によって脳内のドーパミンの分泌量が不足した結果、運動や感覚をつかさどる神経を抑えることができなくなり、過剰な興奮によってむずむずしてくるものと考えられています。
このうち、遺伝と様々な病気によって発症しているケースは個別の対応が必要になりますが、鉄分や葉酸が不足しているという原因であれば自分でも対策することができます
鉄分や葉酸はドーパミンを作り出すときに必要な栄養素であり、積極的に摂取することによって、現在は不足しがちなドーパミンを正常な量に戻すことができます。

年代に関係なく鉄分の摂取量が関係するのかも?

ちなみに、むずむず脚症候群は女性に多く見られる症状ですが、年代に関係なく、一日に必要な鉄分の摂取量に満たない食事をした人に限ってむずむず脚症候群の症状が見られるという調査結果が出ています。
鉄分不足からくるドーパミンの不足が、端的に病気に影響していることがわかります。
また、遺伝でドーパミンを元々多く生成しないタイプの人は、やはり同じように脚がむずむずすることが多いということです。

 

改善のための食事を摂ろう


むずむず脚症候群を改善させるには、まずは食生活の見直しから始めてみましょう。
バランスの良い食事が理想的ですが、特に鉄分の多いレバーや貝類、大豆食品などを積極的に料理に取り入れることをお勧めします。
毎日レバーばかり、貝ばかりに偏って食べるのではなく、含有量の多い食品をローテーションさせながら食べる事で、その食品に含まれている栄養素も効率よく摂取できます。
レバーや納豆などには葉酸も多く含まれていますので、特におすすめです。
葉酸は、このほかにもモロヘイヤやホウレン草、ブロッコリーなどの緑黄色野菜、苺やバナナなどの果物に含まれており、鮮度の高いものを食べる事がポイントです。

カフェインやアルコール、ニコチンは控える


これらの食品をしっかり食べるとともに、眠りを浅くしたり症状を悪化させるはたらきのあるカフェイン類やアルコール、ニコチンなどの摂取を控えます。
ストレス解消に適度に摂取するのは構いませんが、摂りすぎは余計神経が高ぶってしまいます。

運動や入浴で脚に適度な刺激を

さらに、朝のウォーキングやゆっくりと過ごす入浴時間、就寝前のストレッチなどは脚に適度な刺激を与え、むずむずした不快感を和らげます。
症状の改善だけでなく、適度に体を動かすことで寝つきもよくなり、いくらかは寝不足が解消されます。

 

このような日常生活の見直しによる改善が功を奏さなかった時は、鉄分不足や葉酸不足ではなく、遺伝、病気などからくる症状である可能性があります。一度受診して処方された薬を飲んでみることをお勧めします。

 


むずむず脚症候群は鉄分や葉酸不足からくることもありますので、改善方法はこれらの栄養素を多く含む食品を、継続して積極的に摂取することです。上手に毎日の食生活の取り入れて、無理なく食事療法を続けましょう。

鉄分不足に関連するページ

むずむず脚症候群の原因の1つとして鉄欠乏性貧血が挙げられます。簡単に言えば貧血です。こちらはもちろん鉄分が足りないゆえに起きてしまいます。鉄分は男性なら1日7.5g、女性なら10.5g摂ることが目安とされています。ここからは鉄分を多く含んだ食品をご紹介します。肉類ならやっぱりレバー!☆肉・卵類ならやっぱりレバー肉・卵類で鉄分を多く含んでいるものと言えばやはりレバーが1番です。レバーはレバーでも豚肉...

むずむず脚症候群の要因とされるのが、鉄分不足です。女性の方が男性よりも体内の鉄分排泄量が多いこともあり、この病にかかりやすくなっています。鉄分について知り、効率的に鉄分を摂取することで、むずむず脚症候群の症状を少しでも改善できるようにしましょう。むずむず脚症候群を引き起こす原因って?最近、脚がむずむずして眠れない。そんな症状が見られたらそれは、むずむず脚症候群の可能性があります。別名、レストレスレ...