MENU

むずむず脚症候群を治す方法!効果があったお手軽解消法とは?

夜に脚がむずむずして眠れない。
眠たいけど脚を動かしたい&動かす・歩きまわると症状が治まる、という
【むずむず脚症候群】で悩まされている人は130万人以上いると言われています。

 

◆むずむず脚症候群の専門家さんによる原因見解◆
むずむず脚が起こる原因
1.遺伝
2.鉄分不足
3.葉酸不足
4.糖尿病、慢性腎不全、パーキンソン病、関節リウマチなどの病気

 

1.の遺伝と4.の病気が原因ではない人のほとんどが、
鉄分不足】と【葉酸不足】が原因でのむずむず脚症候群だそうです。

 

このむずむず脚症候群は女性に多い症状なんですが、
どの年代の女性も1日に必要な鉄分が摂取出来ていないという厚生労働省の調査結果で出ています。

 

1日に必要な鉄分10mgを摂るには?


納豆だったら7パック!
ほうれん草なら550g!
ひじきだったら20g!
牛ヒレ肉なら440g!

 

無理や・・・!!!!!

実は1日に必要な鉄分を摂取しようと思うと、
毎日そんなに食べれねーよ!って量なんです。

 

じゃあ毎日恐ろしい量を食べるしかないのか…
というとそうではありません。

 

質の良い【鉄分サプリメント】で摂取するのが1番効率的で簡単です。

おすすめは美めぐり習慣!

実は管理人のわたしもむずむず脚症候群で悩まされていて
(わたしのむずむず脚症候群を治すまではこちら)、
この鉄分サプリメントで改善したひとりです。

 

美めぐり習慣でむずむず脚症候群が改善する理由

・1日5粒で1日分の鉄分が摂れる
鉄分がヘム鉄
・鉄分が体内に吸収されやすい形にするビタミンC豊富
1日分の葉酸
・栄養バランス抜群のスピルリナ

 

上記のように、
むずむず脚症候群の原因である【鉄分不足】と【葉酸不足】を改善するだけではなく
足りない栄養素も補ってくれる栄養機能食品です。

 

わたしはこれを1ヶ月まず続けてみようと思って購入しましたが、
1ヶ月たたないうちにむずむず脚症候群の症状が改善されました。

 

むずむず症候群に悩んでいる人が美めぐり習慣を飲んだ口コミはコチラをクリックすると見れます。

 

 

病院での投薬治療もあるみたいですが、まずはしっかり鉄分不足と葉酸不足から解消して、
それでもむずむず脚症候群の症状が改善されない場合は病院に相談にいかれるといいと思います。
(薬はどうしても副作用があるので…)

 

美めぐり習慣は5つの栄養素で栄養機能食品の基準をクリアしていて、無添加・無着色・無香料で副作用もないので、
サプリメントで鉄分・葉酸不足を解消してみようという方はぜひ試してみてください。

 

毎月300名まで66%OFFキャンペーンしてます↓
ボタン

 

管理人のわたしがむずむず脚症候群の症状を改善するまで

今は症状がなくなりましたが、もともとはがっつりむずむず脚症候群でした。
わたしは夜眠るときだけはなく、
電車の中や映画館などじっと座っていても症状が出るので困っていました。
あとまつげエクステの時とか脚もぞもぞしまくりみたいな感じで(´・ω・`;A)

 

いい加減夜に眠れず起き上がって部屋の中うろうろするのが嫌になったので調べてみると
【鉄分不足&葉酸不足】かもしれないということを知りました。(心当たり大)

 

上部での専門家さんのむずむず脚症候群の原因の見解で、
4.に当てはまる病気を持っていないわたしは、
まず1の遺伝を疑い親に聞いてみたら「そんなんなったことない」と。

 

どうやら遺伝ではなさそう|ω・`)φ< 疑ってすまん。

 

ということで、
2の鉄分不足と葉酸不足から改善してみようと思い調べてみると…

 

1日に必要な鉄分も葉酸も全然摂取出来てなかった!


納豆だったら7パック…!?
食えるか!!!

 

ほうれん草だったら500g…!?
食えるか!!!

 

牛ヒレ肉だったら440g…!?
買えるか!!!

 

どうやら鉄分には2種類あるらしい


しかも鉄分にはヘム鉄非ヘム鉄の2種類あるらしく、
ほうれん草とか野菜系はヘム鉄で吸収率がたった8%だそう。

 

そんなに食べて8%しか吸収出来ひんってどういうこと。

 

非ヘム鉄はレバーとか赤身肉でほうれん草とかのヘム鉄より吸収率が5〜6倍あるとのこと。

 

レバー毎日はさすがにきっつい…
もともと嫌いやのにこれ以上嫌いになる可能性しか感じない。

 

ふぅ…待て待て待て。
葉酸!葉酸は摂れてるかな?と思って調べたら、
葉酸は1日成人で240μgが必要量とのこと。

実際の食材だとどれくらいかな?

ホウレンソウなら4株!
ブロッコリーだったら5房!
モロヘイヤだと100g!

 


全然摂れてへん!!!
モロヘイヤは量的にいけそうやけど買ったことないΣΣ(゚д゚lll)

 

ということで、
1日に必要な鉄分と葉酸の栄養が摂れてないことにやっと気付きました

 

食品で1日分の鉄分と葉酸の栄養素を毎日摂ろうと思ったら
むずむず脚症候群よりも苦しくなりそうなのでサプリメントで摂ろうと決意。

 

で、鉄分サプリメント探すと結構非ヘム鉄のサプリメントが多く、葉酸サプリ探すと結構お高い…
あかん…これはレバー毎日食べるしかないのか…!!!!

そこで執念で見つけたのが美めぐり習慣でした。

美めぐり習慣は
・1日分より多い量の鉄分
・1日分の葉酸
・鉄分の吸収をよくするビタミン
・初回1,480円で2回目以降が2,980円のお手頃価格

 

というわたしの希望を全部叶えてくれるサプリメントだったので即買いしました。

 

1日5粒だったので朝2粒、昼2粒、夜1粒飲みました!
それを1ヶ月続ける前にはもうむずむず脚症候群の症状が気付けばなくなってました。

 

嬉しい。゚+(σ´д`。)+゚・

 

寝れないので病院に行こうと思ってた

はじめ病院に行こうと思ったんですが、
脳に原因があるので精神科か睡眠障害外来って聞いてちょっと怖くていけなかったので、
手軽にサプリメントだけで改善出来たので本当によかったです。

 

同じむずむず脚症候群の症状で悩んでいるけど病院はちょっと…と思ってる方は、
まずは【鉄分不足】と【葉酸不足】から改善してみてはいかがですか??

 

他のサプリメントでももちろんいいと思いますが、
わたしは美めぐり習慣で改善出来たのでサプリメント選びで迷った時は使ってみてください^^

むずむず脚症候群になりやすい人のはどんな人?

一般的に、むずむず脚症候群になりやすいと言われているのは鉄分不足の人です。

 

鉄分をたくさん消費する妊娠中のお母さんや生理中の女性が特に多いようですが、
食事が偏ったり、栄養不足や加齢による体調の変化によって、男性でもむずむず脚症候群にかかる可能性はあります。

 

むずむず脚症候群の原因は2タイプ


遺伝などの発症原因が特定できない「一次性」と、
病気が原因で引き起こされる「二次性」に分けられますが、ほとんどの場合鉄分不足が原因となっているようです。

 

普段から鉄分不足が常態化すると、神経伝達物質の一種である「ドーパミン」が正常に機能しにくくなり、四肢の運動機能にもトラブルを生じるようになります。
ドーパミンは鉄分からつくられる神経伝達物質なので、鉄分が不足すると神経の症状として現れてきます。

 

普段から食事やサプリメントを使って必要十分の鉄分を摂るようにしなければ、
年齢や性別に関わらずむずむず脚症候群が発症しやすくなるので注意が必要です。

 

人それぞれ違う『鉄分不足になる原因』


鉄分が不足する原因としては、
ミネラル類の欠乏や腎不全、末しょう神経障害の二次的症状原因など人それぞれ異なります。

 

妊娠中のお母さんはお腹の中の赤ちゃんにたくさんのミネラルを送らなければならず、鉄分が不足しやすい傾向にあります。

 

また、人工透析や腎不全など、腎臓に関わる疾患をお持ちの方も、末しょう神経や脚に症状が出やすくなると言われています。

 

むずむず脚症候群は妊娠中の女性や中高年期以降の方に多いと言われていますが、鉄分が不足しがちなのは子どもも同じです。

 

食べ物が偏っていたり、好き嫌いなどで鉄分を含む食材を十分に摂取できていないと、
神経伝達物質の生成がうまくいかず、脚にトラブルが起きてくる可能性があります。

鉄分不足がむずむず脚症候群を引き起こしているのかも。


むずむず脚症候群の原因については、
今のところ鉄分不足が有力な原因と考えられています。
ただし、詳細なメカニズムなどはまだ解明がされておらず、普段からバランス良く栄養を摂ることが解決策になります。

 

鉄分不足については上記でも説明したとおりですが、
人によっては深刻な病気が隠れていたり疾患の二次的症状としてむずむず脚症候群にかかっている可能性もあります。

 

既往症をお持ちの方や妊娠中の方、少しでも健康に不安がある方は、
普段から血液の状態や健康管理に留意し、詳しい検査を受けるなどして対策を取っていくことが大切です。

 

むずむず脚症候群を引き起こす4つの原因


■鉄分不足(慢性/急性)
■ドーパミンの分泌量が減るなどして神経の機能が衰えている
■腎臓や末梢神経のトラブル
■遺伝や加齢による体調の変化

 

神経機能や腎臓に関連した疾患の場合は遺伝の一種と考えられ、一次性のむずむず脚症候群となります。
一次性の場合は、むずむず脚症候群への対症療法だけでなく、もともとの原因についても治療を施していかなくてはなりません。

 

どうして鉄分不足がむずむず脚症候群になるの?


鉄分不足がむずむず脚症候群を引き起こすのは、
神経伝達物質であるドーパミンの分泌量が減少することに起因しています。

 

体内からドーパミンが減少すると、
神経を正常に機能させる働きが低下し、脳に誤った情報が伝わってしまいます。
そのため、突然脚がむずむずとしたり、かゆみや痛みなど、おかしな感覚として感じるようになるのです。

 

食事や生活習慣の改善で鉄分不足を解消するのが大事です。

私たちは普段から意識的に食事や生活習慣を改善することで、鉄分不足をはじめ栄養のバランスを正常化することができます。

 

夜中に足元がむずむずとしてきたときは、
体内に鉄分が不足していないかどうかチェックしてみてください。

まずは鉄分不足をチェック!〜鉄分不足を知ることが重要〜


それでは次に、鉄分不足をチェックする方法について見ていきましょう。

 

まず第一に、鉄分を含む食材を十分に摂取できていない可能性があります。
次に、鉄分が失われやすい状況(妊娠や疾患など)が発生しているか、貧血体質など遺伝的な要因か…という3つに大きく分けることができます。

 

また、鉄分不足が起きているかどうかを知るために、
以下のチェックリストを参照してみてください。

 

こんな症状が起きたときは鉄分不足かも?15の項目

  1. 貧血・めまい・立ちくらみがある
  2. 肌荒れやくすみが目立つ
  3. 顔色が悪い
  4. 味覚がおかしい、正常に味わえない
  5. 寝つきが悪い、眠りが浅いなどの睡眠障害がある
  6. 妊娠中・出産後・生理中
  7. 肌が青白い
  8. アザができやすい
  9. 動悸・息切れ・胸の苦しさがある
  10. 嚥下障害がある
  11. 抑うつ・イライラ・やる気がないなどの精神的なトラブル
  12. 原因不明のだるさがある
  13. 手足を動かしたときにだるさやピリピリ感がある
  14. 氷が無性に食べたくなる
  15. 急激に疲れやすくなった

基本的には1つでも当てはまると鉄分が不足している可能性があります。
重複しているとなおさら鉄分不足の可能性が高いです。

 

鉄分不足とわかった時点で放置しない

鉄分不足のまま放置しておいて良いことはないので、
『あー鉄分不足してたのか』と気付いたところから食事や生活習慣を改善する行動をとることが大切です。

むずむず脚症候群を改善するために出来る3つの対策!

むずむず脚症候群は、鉄分不足や鉄分が不足した状況から引き起こされることが分かりました。
では、具体的にむずむず脚症候群を改善するためには、どのような対策方法があるのでしょうか。

 

鉄分を摂る

遺伝や疾患などの問題がなければ、鉄分不足を疑い、補っていくのが最善策です。
普段の食生活を見直して、鉄分が不足しないようメニュー構成を考え、積極的に口にするようにしましょう。

鉄分が多い食材

■プルーン・牛肉(赤身)
■きはだまぐろ
■海藻類
■かつお節
■干しえび
■青のり
■パセリ
■ほうれん草
■小松菜
■そら豆
■切り干し大根
■干しブドウ
■卵黄
■乾燥大豆
■納豆
■ゴマ

 

どれも比較的口にしやすい食材なので、
無理のない範囲で食事に取り入れていきましょう。

 

疾患を改善する

むずむず脚の原因が腎臓病や神経のトラブルの場合は、それぞれの疾患を治すことが最善策になります。
病気が治っていく過程でむずむず脚も治る可能性がありますので、
体調に不安がある方はまず症状を緩和していくところからスタートしてみてください。

 

運動をする

鉄分不足以外にも、手足の血流を良くすることで、感覚伝達がスムーズになると言われています。
無理のないペースでのウォーキングやマッサージ、脚を上に上げて自転車の要領で回すエクササイズなど、血行を改善する運動はすべてむずむず脚症候群の治療に効果があります。

 

 

@とAのそれぞれを心掛けつつ、
出来る範囲で軽い運動も生活習慣に加えるのがおすすめです。

 

鉄分は大量に摂ることよりも効率を意識してみて

鉄分を大量摂取しても体に吸収される量はたったの8%であると言われています。

 

また、普段から摂取する緑茶やコーヒーには鉄分の吸収を阻害するタンニンが含まれているので、
実際には8%以下のごくわずかな量しか吸収されていない可能性もあります。

 

なので、鉄分を摂取すると同時にタンニンの摂取も抑えていかなければなりません。
カフェインやアルコールなどもむずむず脚症候群を誘発する可能性があるので、神経のバランスを整えるためにも過剰摂取は禁物です。

 

鉄分の必要摂取量は女性で12mg〜15mg、男性は10mgとされています。
この必要量を摂るためには結構な量の食材を用意しないといけないので、食事で補えない場合はサプリメントを使うのがおすすめです。

 

サプリメントと一緒に摂りたいサポート成分

鉄分サプリメントと併せて摂ると、吸収効率がぐんとアップする成分がこちら!
■吸収を助けるビタミンC
■赤血球の生成をサポートするビタミンB12
■たんぱく質の合成を助けるビタミンB6

 

サプリメントと別で食事から摂るのもOKですが、
質の良いサプリメントだと上記の成分も一緒に配合されているものがあるのでそちらを選ぶのがおすすめです。